舞富名クバ巻き
2010.05.07 Friday 22:34
JUGEMテーマ:グルメ


実家に保管してある1本。
 
就職前の春休みに行った八重山ひとり旅で買ったから、

かれこれ15年モノになります。
 
与那国の酒造所で飲ませてもらって、
 
ノドがカーッと焼ける感じだったのを思い出すなぁ〜
 
なんちゅうても60度ですからね(汗)。

あっ、

あたかも自分の所持品のように書いてますが、
 
実はオヤジへのお土産で買ってきた1本。
 
飲まずに大事に保管され、いつの間にかプレミアムな(?)古酒に・・・。
 
 
酒飲みのオヤジもトシを取り、体を気遣って酒量がめっきり減った。
 
おそらくこの泡盛が開栓されることはないだろう。
 
密かに狙ってます。
 
自分の定年記念に飲もうかな?

その頃には、どんな風味になってるんやろ〜?



 石垣島一人旅〜達人オススメ八重山周遊モデルコース付き〜
 八重山を丸ごと体感!オプショナルツアー特集
 格安石垣島レンタカー
| NonoPapa | 泡盛 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2010/05/07 11:08 PM posted by: ちゃーりー
結構大きそうな瓶ですねぇ。
就職前に買ったお酒を、定年記念に飲む!って良い案だと思います。
その頃にはののちゃんと一緒に飲めますね。

家庭訪問で机の中を見てもらえましたか(笑)
2010/05/08 10:00 PM posted by: NonoPapa
ちゃーりーさん
そうですねぇ、自分が定年の頃にはノノも立派な大人ですもんね。
飲むとどんな風になるのかな?嫁さんの血を引くと・・・。あ〜末恐ろしい(^_^;)
家庭訪問は玄関先で終わったらしく、お願いして部屋を見てもらったらしいです(笑)
2010/05/09 3:15 PM posted by: ちゃーりー夫
おじゃまします。与那国と見ると、つい。私がはじめて島に行ったのは、15年と半年前の夏でした。ののパパさんの半年前みたいですね。唯一のYS-11体験でした。さて、まいふなの花酒ですね。私も家族、親戚のお土産にしました。その後も色々縁あって同じ銘柄を選んだことがありました。いつか現地で元祖、本家も買わなくては。さて度数が高いと瓶のまま古酒にするのに都合が良いという噂がありますよ。15年もの、あけてみたくなりますよね。
我が家にも、未開封のミニ泡波数本、まいふな花酒が。経年数は様々。私は酒を殆ど摂らなくなり久しく、子供らが成人したらかな。その時に少しだけという感じですかね。随分先の話。
しかし、ミニ泡波は度数が低いから、どうするか。そもそも新酒の味も知らんし。そっちが先でした(笑)。私事で失礼しました。
2010/05/10 12:47 PM posted by: かんころ
丁度5年前の5月に与那国島に行ったとき、ふらっと寄ったのがその酒蔵でした。試飲しましたが喉が焼け付きました(笑)。あまりのきつさに二度と呑むことはないと思って、30度か40度あたりを買いました。すぐに自己消費されました。クースにするなんて皆さん気長ですね(笑)
2010/05/10 9:35 PM posted by: NonoPapa
ちゃーりー夫さん
コメントありがとうございます。

>ののパパさんの半年前みたいですね。
そうですね。ちゃーりーさんブログと出会った頃に同じ時期かも?って聞いた記憶があります。自分も唯一のYS-11体験でして、強風で着陸できず与那国上空で旋回して怖い思いをしたのを思い出します。
ちゃーりーさん一家の与那国好きはダンナさんが一番なのかな?
自分はこれ以降行ってないんです。だからお土産の泡盛は請福とか八重泉、おもとが多いかな?
泡波ミニボトルは我が家にもあり、波照間で飲んだこともあります。
そんなに詳しくない自分が言うのもなんですが、これと言ったクセもなく、サラッとした感じでしょうか。言い方を買えれば、泡盛をよく知る人には物足りなく、女性には飲みやすい泡盛かと。
数年前に古酒を飲んだことがあるのですが、口当たりがよく、とても風味があって美味しく頂いたことがあります。花酒はどうなってるのか?興味ありますが、ガマンガマンです。(笑)
2010/05/10 9:40 PM posted by: NonoPapa
かんころさん
15年前は、泡盛についてほとんど知らず、60度という度数だけで試飲させてもらいました。原付で島を回ってたけど(汗)
この時自分用にも買ったのですが、そちらは数年後に飲んじゃいました。
やっぱりきつかったです。最近はかんころさん同様、30度か40度あたりのものを買ってます。値段も手頃ですし、普段飲みにはこれぐらいが丁度イイですね。ノノが成人したときに飲めるように、ノノの誕生年に島で記念泡盛を貯蔵してもらっとけばヨカッタと後悔するときがあります。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Admin