自己分析
2010.11.07 Sunday 16:45
JUGEMテーマ:育児
 
1週間後に迫ったピアノのグレード試験。

ノノの課題のひとつは、

演奏途中からだんだんリズムが早くなること。

何度も何度も注意しても直らない。


いくら注意しても直らないし、本人が全くどこ吹く風で

全く改善の兆候が見なくて、昨日も家族で言い合い。


で、昨日ノノに


『ナゼ演奏途中からどんどん早くなるのか?』


と、問うてみた。


そして、返ってきた答え。


『あんなぁ〜、ノノはなぁ〜、

階段を下りてきて、残りが3段とか4段になったらジャンプして早く下りたくなるねん。』


なるほど、ナイス自己分析。

説得力のある回答であった。


納得してたら親としての立場がないので、


早く下りようとしてジャンプ(早く弾く)したら大けが(失敗)することがあるから、

1段ずつ下りた方がイイ

ということを説明して、納得してくれた。(ハズ)



| NonoPapa | 日記 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2010/11/07 9:14 PM posted by: ちゃーりー
自己分析できてますねぇ。
そして、ののパパさん(ママさん?)の説明もなるほど〜と思いました。
ウチの娘もよく・・・というか、いつも「走りすぎ」って先生に注意されてます。
小学生の頃は指がスイスイ動くのが楽しくて、どんどん走っちゃうって聞きました。

グレード、頑張って〜♪
2010/11/08 6:22 PM posted by: NonoPapa
ちゃーりーさん
この自己分析には本当にビックリしたのと、納得の理由でした。
最近ピアノの練習態度について、親子(家族)喧嘩が絶えなくて・・・。
ノノの様子を見ていても、確かに楽譜見るより先に指が動いている感じです。

ちゃーりーさんの娘さんの「走りすぎ」っていうのを読んで、ついつい「ぱーらーぱいぬ島」での出来事を思い出しちゃいます(笑)
実は昨日も買物先でノノが走る後ろ姿を見て、娘さんを思い出したんですよ(^.^;
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog.nonoka77.com/trackback/1163034
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Admin