長野旅行記【千畳敷カール】
2013.09.26 Thursday 23:47

2013年9月21日(土)

千畳敷カールとは・・・
2万年前に氷河期の氷で削り取られたお椀型の地形。
中央アルプスには日本を代表する「千畳敷カール」「濃ヶ池カール」等のカールがあり、「千畳敷カール」は高山植物の宝庫として知られています。
信州駒ケ根ガイドより抜粋


千畳敷カールへは、駒ヶ岳ロープウェイを利用します。
麓の駒ケ根高原からロープウェイ乗り場のしらび平駅への道は一般車両の乗り入れが禁止。
その為、バスセンター駐車場に車を停めて、バスでしらび平駅へ移動することになります。

3連休初日、しかも好天予報。
我が家が到着した午前7時過ぎの時点で1つの目の駐車場は既に満車。
バスも臨時便が運行中。そんな状況でしたが、早めに到着できたことと、臨時バスのお陰もあり、20分くらいの待ち時間で乗車できました。

バスは細いクネクネした山道を走り、30分ほど揺られたようですが、乗車後に即爆睡。
娘の声で目覚めたら、しらび平駅でした。




そして、ロープウェイ乗車。乗車定員61名。
出来れば谷側の窓の方に乗車したかったんですが、我が家が乗り込んだのは最後の方。
誰もが避ける車中の中央に押し込められ、人と人の間から山々が垣間見える程度で眺望楽しめず。。。




起点のしらび平駅が標高1661.5メートル。
終点の千畳敷駅が日本一高い場所にある駅であり、標高2611.5メートル。
さらに、この高低差950メートルも日本最高なのです。




この高低差を7分30秒で一気に上がると、、、




千畳敷カールです。




自然が作り出したダイナミックな光景。
これだけでもはるばる来た甲斐があったと思えるほど圧巻でした。




そして、
アルプスの山々にズームして撮ってるのは、




富士山。
天気予報は良くても、変わりやすい山の天気ですから、大きな期待はしてませんでした。
富士山見れただけで何だかパワーもらえた気がしました。天晴れ!!




さて、我が家の最終目的地はここではありません。
ここからが始まりです。




次に目指すのは、

乗越浄土


それには、まず後ろの山を登らねば・・・。

ヒェーーー!!


その様子は、また次回。。。 




| NonoPapa | おでかけ | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2013/09/28 9:20 PM posted by: ちゃーりー
息子が体験学習(修学旅行)で千畳敷カールへ行ったので
一緒に見させて頂きました。
「ここ行った!ロープ-ウェイ乗った」と喜んでました。
でもこんなに晴天じゃなく、富士山も見れなかったようです。
どこへ行っても天候に恵まれていますね。

緑も多く空気が美味しいでしょうね。

登山、お疲れ様でした。
2013/09/28 10:27 PM posted by: NonoPapa
ちゃーりーさん
小学校の修学旅行はこちらになるんですねぇ。関東からの方が断然アクセスいいですもんね。
ウチの住んでる地域は高校の修学旅行で長野(スキー)へ行くのが多いです。千畳敷カールは2日目に行こうかと思ってたんですが、1日目の天気予報の方が良かったんです。スケジュール・体力的にきつかったですが、大正解でした。2日目も天気は良かったんですが、雲が出てたんで富士山が見れたかどうか・・・。欲を言えば、紅葉が見たかった。今週に入って大分色付いたみたいなんです。
夏は八重山、秋は長野になりそな予感。ホントイイ所ですわぁ(^^♪
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog.nonoka77.com/trackback/1163271
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Admin