ミサシ・アゲイン
2013.09.05 Thursday 19:30
JUGEMテーマ:旅行

2013年8月4日(日)

カイジ浜を後にして向かったのは、今旅2度目のミサシ。

自分の頭の中には、クヤマビーチとかナーラサ浜も候補に挙がってたけど、
嫁さんのリベンジもあってミサシ。




「東のそい」の辺りは珍しく先客が居らしたので、今回も「西のそい」の方へ。

この日は干潮の1時間半前くらいに到着。潮の流れもそれほど速くなかった。
カナヅチの嫁さんも楽しめるポイントに難なく到着。

ポイントまでのルートは前回と同じだったので、一時的に潮の流れが速くなる時間帯に遭遇しなかったんでしょうね。※前回記事コメント参照


あとは、写真と動画で・・・。

コンデジの不調により、上手く撮れてませんが・・・。


 
ニモ見っけ
全部で7匹のファミリーでした。




ランデブーニモ




トリオ・ザ・ニモ




ガン見ニモ








 

前回消化不良の嫁さんも満足でミサシにお別れ。

あぁ、お腹空いた。

次回に続く。。。



| NonoPapa | 八重山旅行(2013年) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
牛歩
2013.09.03 Tuesday 23:09
JUGEMテーマ:旅行

2013年8月4日(日)

過去に何枚も撮ってる水牛車の写真。

今年も見かける度に撮ってたような気がする。

そのうちのお気に入り。



1歩、



2歩、



3歩、、、


歩みはゆっくりでも力強く確実に。

見習わなくては・・・。


次回に続く。。。

 

| NonoPapa | 八重山旅行(2013年) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カイジ浜で星砂探し
2013.09.03 Tuesday 00:05
JUGEMテーマ:旅行

2013年8月4日(日)


いただきます。
竹富滞在4日目も楽しみましょう〜。




今日もイイ天気。
外周道路を自転車で滑走。
手の甲に八重山の日射しがジリジリ。



行先は、娘の希望で星砂を探しにカイジ浜へ。




あの雲に向かって走れっ
カイジ浜へ続く道。




何年ぶりかな?ココに来たのは。
随分久しぶりの気がする。




青い空、碧い海、ポッカリ浮かんだ白い雲。
お決まりの構図ですが、絵になります。




星砂探しなう。




ん、嫌な予感。
『星砂探し飽きたんじゃないか』疑惑浮上




どうみても星砂探しの体勢ではないわなぁ

やっぱり飽きてました、というより、砂遊びの方が楽しいんだとか。




アゴとか砂まみれなんですけど・・・。
全く気にする素振りなしの小5女児。
お姉ちゃんになったと言われますが、中身はこの通りです。




自分は工作用にビーチグラス拾い。


少しブラブラして、戻って来たら、、、



オイオイ。。。



なんで寝とんねんっ

娘さんよ、星砂探しは
嫁さんよ、また寝とんか
(ってかホンマにどこでも寝はる)


肝心の星砂探しですが、午後からも再訪し、なんとか自分用の量(極少)を確保できた模様。

ま、そんなもんです。




午後から再訪して気付いたこと。
夏のカイジ浜へ行くなら、午前の早い時間帯がオススメ。
太陽の位置が高くなるにつれ、木陰(娘達が寝ころんでいる写真)が無くなるので要注意です。


ここ数年足が遠ざかってたカイジ浜。
娘の中の竹富島好きなスポットランキングで急上昇したかも


ミッキーが気ぐるみとは微塵も疑っていない娘。
星砂が有孔虫の死骸(殻)が堆積したものであるとは口が裂けても言えない。

次回に続く。。。



| NonoPapa | 八重山旅行(2013年) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Sleeping Outside
2013.09.02 Monday 00:01
JUGEMテーマ:旅行

2013年8月3日(土)

この日のゆんたくは、早めにお開き。
釣りに行った仲盛荘のC勇さん、ウチの嫁さん、娘もお疲れ。

自分も疲れてたけど、満点の星空やこの静かな時間がもったいなくて、
全然眠る気にならず。


ノノが寝た後、嫁さんと星空観賞




@仲盛荘近く
三脚の部品が破損して使い物にならず。
何とか固定して撮ったうちの1枚。



@外周道路
天の川もくっきり。
流れ星も沢山見れて、大満足。
嫁さんの睡魔が限界で仲盛荘へ戻る。




仲盛荘はひっそり。ニャンジだけがポツン。
一緒に星を見る。




ずっと一緒に星を見ていたかったけど・・・。
ニャンジもウトウト。。。


嫁さんは・・・




こんなトコロで、またもや撃沈してた。

西桟橋、Haaya、そしてこのゆんたく場での連続撃沈。

最初はだいぶ疲れてるんやなぁと思っていましたが、この姿を見て、

どこでも寝れる人

と結婚12年半にして知りました


もちろん、ちゃんと起こして部屋へ戻りました。

これにて、

Sleeping3部作完結

そして、

竹富滞在3日目終了となります。


次回に続く。。。



| NonoPapa | 八重山旅行(2013年) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Sleeping in the Haaya
2013.09.01 Sunday 12:12
JUGEMテーマ:旅行


2013年8月3日(土)

【1日1パフェ】

今旅、自然発生的に掲げられたウチの女性陣のミッション。



日中は漁に出てたので、この日はまだ未達成。

夕食後にHaayaへ。




手前から時計回りに、紅芋、マンゴー、さとうきびのパフェ。

ミッションクリア。


昼に景色見ながらビールを飲むのも最高の贅沢を実感するけど、
夜にまったりするのも実に贅沢。

.....時間がゆっくり流れていく。。。


ほんでもって、



また撃沈の嫁。
余程眠たかったんでしょうが、キチンと食べ終えてらっしゃる。


お店には1時間弱居たかな?外は真っ暗に・・・。
なごみの塔に登る。




さっきまで居たHaaya。




ポツンポツンとノスタルジックな外灯。
オレンジに照らされる赤瓦。
別世界です。


満点の星空を眺めながら、仲盛荘へ戻る。



僕の帰りを待っていてくれました。

島の夜はこれから。。。


次回に続く。。。

| NonoPapa | 八重山旅行(2013年) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Sleeping on the 西桟橋
2013.09.01 Sunday 00:00
JUGEMテーマ:旅行

2013年8月3日(土)

釣りから帰ってきて、シャワー浴びてさっぱり。
少し日が陰り、随分と過ごしやすくなった。



ニャンジも気持ち良さそう。




大漁、そして働いた後のビールは自分へのご褒美。
そうじゃなくても飲んでますが・・・。
お腹ペコペコ。ごちそうさまでした。




期待薄の気がしたけど、西桟橋へ。
やっぱり雲が多くて無理っぽいと分かった途端、
嫁さんゴロン。




これは夕日ではなく、完全に星空観賞スタイル。
釣りで疲れているとはいえ、マジ寝に入りました。

この後、頭の上をどんどん人が通過して行くのですが、微動だにせず。




おそらくヨソ様の記念写真に収まっていることでしょう。
申し訳ない。


いよいよ日没の時間。(嫁さん、起こす




ハート?




口から夕日?




あぁ、やっぱり雲の中へ・・・でした。




西桟橋からの帰り道。

『何食べるぅ

【1日1パフェ】を実行しにHaayaへ向かう後ろ姿です。


次回に続く。。。



| NonoPapa | 八重山旅行(2013年) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ギョギョギョ!大漁!
2013.08.30 Friday 12:04
 JUGEMテーマ:旅行

2013年8月3日(土)

漁に出る日。
朝からイイ天気です。
せめて船酔いしない程度に風が吹いて欲しい・・・。
贅沢な悩み。



朝食。ハードな1日になりそうなんで、しっかりと頂きました。



仲盛荘C勇さんの船。
今回の乗船者はC勇さんと釣りビギナーの我が家3人。
仲盛荘食材調達の為、頑張ります




竹富東港を背に出航
トローリングでカツオを狙うもHitせず。

錨を下ろしたのは浜島近海。
天気良好(過ぎ)、波もほとんど無し、風もテキトーに吹いて、
船酔いの心配も無さそう。

今回もアミエビとサビキでグルクン狙い。
Let's Fishing




最初に釣れたのは娘。
グルクン狙いだが、オジサンとイトヨリダイ。



続いて海面近くでキラキラ光ってたサヨリを釣り上げた娘。
まだ誰もグルクンですら釣ってないのに・・・。

その後、C勇さんがグルグンをGet!!

まだ釣れてないウチ夫婦の間に火花




そして、ダンナがオーソドックスにグルクンを

間もなく嫁さんもグルクンを釣り上げ、グルクン祭りスタート。
群れが来たんかな?ほぼ入れ食い状態。




たまには、こんなのも。
シチューグルクン




そして、こんなのも釣れた。




じぇじぇじぇ! ( ‘ jjj ’ )、ぶ、不気味〜
ウマヅラ(ウマヅラハギ)というらしいです。




高級魚アカジンではなく、アカジンモドキ。
惜しいっ




本日の釣果。
("゚魚゚") ギョギョギョ! 大漁〜
軽く100匹オーバー。そのうち9割はグルクン。

ちなみに、仲盛丸の2013年釣果ベスト1とのこと。
今年はグルクンも釣れない時が多かったらしく、C勇さんに『大漁の女神』のように崇められる娘。

そういや数年前、あやぱにモール(石垣島)にあった青果店のオバァに

『この子、釣りに連れて行きたいわぁ』

って何度も言われたことがあった。何でそんなコト言われたんかはナゾ
当時は聞き流してたけど、何か持っとるんかウチの娘
将来はウミンチュと結婚か



西表島を背にして帰ります。

心地よい疲労と共に竹富東港に帰港。
去年まではココで終わり。

八重山フィッシング3年目の今年は、ここからお仕事。
ウロコ取りや内臓取りの後処理が残ってます。
釣りで体力消耗した後だけに、これが超ハード。

これまではC勇さんや、釣り歴のある常連さんにお任せし、
我が家はいわゆる美味しいトコ取りというヤツ。
去年、島を離れる時に
『来年からは後処理も一緒にするから』と通達されてました。

ウロコ取り(嫁&娘)→魚に切れ目入れ(C勇さん)→エラ・内臓取り(自分)と分担制で作業

取った内臓とかを海にポイって投げると、小さな魚が集まってくるんですよ。
たまにウツボも来るんだとか?

全員で作業してたので、写真が1枚もないのが残念だけど、
釣りでもお客さん扱いから一歩ステップアップしたことが嬉しかったですね。

仲盛荘の皆さんに良い報告が出来るわぁと誇らしげに帰宿。

続きは次回。。。



| NonoPapa | 八重山旅行(2013年) | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
竹富島2日目終了
2013.08.28 Wednesday 18:09
JUGEMテーマ:旅行

2013年8月2日(金)



オリオン缶シーサーの製作(前回記事)に励む娘の横で、
ウチら夫婦は縄文屋ご主人のご厚意で、オリオンビールで乾杯。

カタチは違えど、家族でオリオン。



縄文屋ご主人オリジナル作品。
普段ご主人が使用されている一品もので残念ながら非売品。
ビールが一層美味しくなりそうでしょ?

まったりビールを頂いてると、次から次へと一品料理登場。



島ダコのオリーブオイル炒めに、チーズonポテト。絶品!!
こういう一品料理をサラッと作っちゃうご主人、カッコ良すぎです!!


去年コチラで頂いた島ダコのオリーブオイル炒めの味が忘れられなかった娘。
自宅ではなかなか再現できず、ホンモノに再会できてご機嫌でした。

素敵な庭でビール飲んで、島ダコ頂いて、胸一杯

お腹一杯

ん、アカン、アカン

宿の夕食の時間やんっ




あまりにも居心地が良すぎて、時間の感覚が・・・。
若干遅刻して、本日の夕食。かなり苦しかったけど、完食〜。

縄文屋の万治郎さん、あーちゃん、ありがとうございました。




夕食の後は西桟橋へ。
娘のサングラスに映る、父・夕日・母。



最後は雲に隠れちゃったけど、キレイでした。



翌日は朝から漁に出る予定なので、ゆんたくは軽めにお開き。

竹富島滞在2日目終了。

ホンマ、楽しい時間っていうのはアッという間に過ぎる。。。

続きは次回。。。 



| NonoPapa | 八重山旅行(2013年) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オリジナル感(?)たっぷりのシーサー
2013.08.27 Tuesday 00:21
JUGEMテーマ:旅行

2013年8月2日(金)


昨年に続き、縄文屋でシーサー作り。
前夜のゆんたくの時に、先生であるあーちゃんに申し込んどきました。




7月の台風の後片付けがまだ終わっていないとのことだったけど、
手入れの行き届いた素敵なお庭は変わらず。
※お庭の撮影は禁止です。こちらはエントランス部分。

さて、シーサー作り。

今年作るのは1体、来年にもう1体作って対にするというのが娘の構想。
どんなシーサーを作るのか?は決まってない。

しかし、来年もココで相方のシーサーを作るということは既に決まってた。
常々『計画性を持って行動しなさい』と注意されることの多い娘だけに、少し笑けた。


既に我が家には、大小合わせてかなりシーサーが居る。
だから、今回は我が家には無い個性溢れた作品がイイ。

そんなこと思いながら、あーちゃん先生の作品を見てたら、ありました
先生オリジナルデザインの超個性的なシーサーがっ




まだ思考錯誤中とのことだったが、もう絶対コレがイイと一目ぼれ。
じゃ、やってみましょう!!ということで製作開始。




大抵、胴体部分の足から作り始めると思うんですが、今回は土台から着手




素敵な庭の木陰、たまに心地よい風が吹き抜けて、ゆる〜くて、まったりな時間。
嫁さん夢の中へ・・・。




黙々と、慎重に作業を進める娘。
この慎重さを他でも発揮して欲しいものだ。




で、所要時間約90分。
ついに完成。

なかなかイイんじゃないの〜?
ちょっとこの写真ではどんなシーサーか分かり難いかな?
土台部分にヒントがありますが・・・

これが窯で焼かれると、少し縮んで真っ白なシーサーに変身。


約2週間後、、、



縄文屋ご主人の素敵なお手紙と一緒に南の島から我が家へ。
いらっしゃーい
うん、イイ感じ。




けど、まだ完成じゃないんですよ。
ちょっとアクリル絵具で色付けしてあげましょうねぇ〜。




イメージがガラッと変わりましたねぇ。沖縄好きはピンと来る三ツ星
オリオン缶から上半身を出しているシーサーでした。




反対側にはORIONの文字。
シッポと角はオリオン缶をイメージしてペイントし、娘の名前から一文字『の』を書き入れ、
我が家のオリジナル感(缶)を出した。

イメージがガラッと変わりましたねぇ。

もっと全体的に色付けしようか悩んだけど、ほどほどに・・・。
本来は白いシーサーですし、その特徴もしっかり残さないとね。

さて、どこに飾りましょうかねぇ。

続きは次回。。。
 

| NonoPapa | 八重山旅行(2013年) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
パインスムージー@願寿屋
2013.08.26 Monday 12:56
JUGEMテーマ:旅行


2013年8月2日(金)

朝から、集落散歩→西桟橋→ミサシ(スノーケル)→やらぼ(昼食)。
一旦、仲盛荘で休憩。

この時点で14時過ぎやったかな?
気温、紫外線共にピーク。



こんな時はと言えば変だけど、郵便局へ。




祖父母へ暑中見舞い。
クーラーも効いているし、一石二鳥。




そして、ここ数年続けてるポストとの背比べ。
左は撮り始めの2006年9月、娘4歳。




そうこうしているうちに15時、おやつの時間。
キッチリ守ります、ウチの女性陣。




ぱーらー願寿屋へ。




今回の旅では、かき氷よりもパフェ派だったお二人。
滞在中、必ず1日1パフェ。

昼に食べる場合は、17時営業終了の願寿屋。
夜に食べる場合は、昼夜営業のHaayaと暗黙のルールが出来ていた。




嫁さんは大人のパフェ。
黒蜜のかかったさとうきびアイス&バニラアイス、自家製コーヒーゼリー。




娘は南国パフェ。
ココナッツアイスに濃厚マンゴーソース&果肉入りマンゴーアイス、石垣島産パインにパッションフルーツゼリー。その名の通り、南国が詰まってます。


そして、自分。
例年なら残る1種類のうちなーサンデーを頼むところなんですが、見慣れぬメニュー発見。
前からあったんかな?期間限定のパインスムージー。
パインの味が濃厚で、この暑さにピッタリのスッキリサッパリ味。
個人的にオススメメニューです。

この後は昨年に続き、シーサー作りへ。
夕食の時間まで2時間弱。
翌日に回せば・・・としたいトコロですが、翌日は既に予定一杯。

今年は完全にノープランで竹富島入り。
大体の場所には行ってるし、食べてるし・・・ということで、時間的に余裕をもってのんびり過ごすことになるハズだったんやけど・・・。

そうはイカンかった。

シーサー作りを教えて頂く素敵な場所へ。


次回に続く。。。
 

| NonoPapa | 八重山旅行(2013年) | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 2/4 pages next→
Search
Profile
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Admin